東京 焼肉、見た目も楽しい創作料理に注目

東京 焼肉、見た目も楽しい創作料理に注目

東京 焼肉、見た目も楽しい創作料理に注目 日本全国で焼肉店は約19,000店、東京都内には2,000店あります。つまり、全国の焼肉店の約1割が東京都内に集中しています。それだけ競争も激しくなり、東京 焼肉店は肉を焼いて食べるだけではなく、肉を使った創作料理にも力を入れて、その技を競い合っています。

肉を使った創作料理の代表格の一つに、肉のお寿司が挙げられます。肉のお寿司は魚介類の代わりに牛肉や豚肉、馬肉などをネタに、握ったり巻いたりした寿司です。肉のお寿司は、アメリカなど肉食文化の国で考案されたものが逆輸入されたともいわれますが、始まりははっきりとはわかっていません。しかし、その味はすでに折り紙つきです。霜降り牛をそのまますし飯の上に乗せた一品、あるいは少し炙って肉の脂のコクを引き立てた握り寿司、蒸した牛タンを使ったお寿司など、味も種類も豊富です。東京 焼肉店を訪れたなら、ぜひ一度はトライしたいメニューです。

続いて目を引く肉の創作料理といえば、海の幸の代表ともいえるウニと牛肉との意外ともいえるコラボです。すし飯を牛肉で巻いた軍艦の上に、ウニをトッピングして軽く炙ったウニの牛肉巻きは、組み合わせの妙を実現した一品です。20年ほど前、都内の立ち飲み屋がはじめたともいわれるこの創作料理は、今や東京 焼肉店をはじめ至る所で提供されるほど人気があります。
さらにインパクトがあるのが、上質な赤みの牛肉を使ったユッケを白いご飯の上に贅沢に乗せ、その上に惜しげもなくウニをトッピングしたユッケ丼です。見た目の豪華さと極上の味のハーモニーは、肉の創作料理の最高峰の風情があります。
ウニと肉が絶妙のコンビネーションとなるのは、ウニには昆布の旨味であるグルタミン酸や、かつお節に含まれる旨味であるイノシン酸が含まれ、天然の調味料ともいえる素材だからです。上質な肉の脂にウニの旨味と食感が絡まって、極上のうまさを演出する創作肉料理は、東京 焼肉店を満喫するためには外せない一品といえるでしょう。

創作肉料理は海の幸だけではありません。世界の三大珍味の一つ、トリュフもその存在感を発揮しています。トリュフは恍惚とするような芳醇な香りが特徴ですが、実はそのまま食べても味はあまり感じられません。肉や野菜に絡めることで、その香りが素材の魅力を高める働きをするのです。東京 焼肉店では、ユッケにトリュフをトッピングしたり、炊きたてのご飯にトッピングして焼肉を巻いて食べたりするメニューに出会えます。トリュフは、主役の肉を引き立て、脇をしっかりと固めるバイプレーヤーといったところでしょう。
そのほかオリーブオイルや花山椒など、外国の調味料やスパイスを使ったおしゃれな肉の創作料理もあります。軽く炙った和牛に塩と酢、オリーブオイルをふりかけ、花山椒を効かしたカルパッチョは、東京 焼肉店での女子会にもぴったりです。

創作料理ではありませんが、肉でサプライズを演出することもできます。生の肉をお皿にバラの花のように盛り付けて、記念日を盛り上げるというサービス、さらには肉ケーキを作ってくれる東京 焼肉店があるのです。肉ケーキとは、生の肉をケーキのように盛り付けて、お皿にHappy Birthdayというメッセージを書いたり、メッセージカードをつけて出してくれたりするものです。肉のバラや肉ケーキの写真は、ほとんどの人が喜んでくれるでしょう。もちろん、肉はその後、焼いて美味しく食べることができます。
こうしてみると、焼肉は東洋や西洋を問わず、海の幸とも山の幸とも溶け合い、記念日や誕生日にもマッチするオールマイティな料理と考えられます。記念日が近い方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

お知らせ